タグ:ブライダル ( 15 ) タグの人気記事

ご祝儀袋の色は? (2013/04/14 Sun.)

a0242275_2310309.png
 ようやくの暖かさ。。。装いも軽やかになって色合いも春らしくなってきましたね(^^)

 さて、ご祝儀袋の色について考える機会がありました。これまで深く考えたことがなかった.。o○で、議題に上がった(大袈裟^^;)ご祝儀袋の色と性別

基本は白ですが、なんとなく種類ごとに男性用・女性用の二種類があるように感じます。

贈る側の性別に合わせるのか、贈られる側の性別に合わせるのか。。。これは贈られる側の性別に合わせるのがベストなようです。

ですがいろいろ調べていると、いわゆる男性用に思われる寒色系のものも「陰気だ」と嫌う方もいらっしゃるようですので迷う場合には基本的なものを選ばれる方が善いかも知れませんね。

また、カラフルな祝儀袋やデザイン化された水引は選び手の個性が出て素敵ですがカジュアルな印象でもあるので相手との関係を考えて遣い分けられることをおすすめします。

婚礼もシーズンを迎えます。自身の振舞が祝福の気持ちを表現する素敵な機会となりますように♪

また会いたい人になりましょう!

ご祝儀袋
講座ご案内
[PR]

by manners-gontarica | 2013-04-14 23:45 | 冠婚葬祭マナー

私が新郎新婦の立居振舞講座をやる理由 (2013/1/15 Tue.)

 新しい年が明けて2週間。初々しい新成人も社会へと羽ばたく節目をすまされたことでしょう。年の始めにあたっては今年はどんな一年になるのかな・・・期待と不安の入り混じった何とも言えない時間を過ごしています。。。

ご用意している講座の中に新郎新婦のための洋装挙式での立居振舞心得講座があります。今日は私がこの講座をなぜやりたいのか・・・をお話ししたいと思います。
a0242275_1561058.jpg
 出会い、愛を育み、ともに人生を歩む決意をされた新郎新婦のお二人。洋装挙式では普段着なれない正礼装での立居振舞が待ち受けています。同時にお二人、特に新婦様にとっては憧れのウエディングドレスを身にまとう一生に一度の心高まる瞬間。

美しいドレスに身を包み、プロフェッショナルなヘアーメイクやネイルアートで全身を世界一の花嫁へと装います。

そんな中、着慣れないドレスでの歩きなれないウェディングステップ長い裾をさばいての左右の動線、あまり人前で披露する機会のないヴェールアップや誓いのウェディングキスそして指輪の交換。。。そこに伴う緊張感とはウラハラの短時間でのリハーサル

正礼装での振舞は日常ではないのだから、どんな結果もオーライで!もうなずける意見ではありますが、やはり大切な方々がお集まりの祝福のシーンでは感謝の気持ちも伝わるように心掛けられると素敵ですよね(^^)

これまで2,000組近くの挙式をリハーサルと共に聖歌隊として担当し間近で見てきた立場から。立居振舞も伝授するマナー講師としての立場から。人前式の司式を担当する司会者としての立場から。そして演奏家としてドレスでの立居振舞に慣れている立場から。。。

目的は挙式当日を素敵に過ごすだけではありません。家族となり、いずれおとずれる子育ての機会にマナーや印象・コミュニケーション本当の心を伝え育てられる、そんな素敵なお父さんお母さんパパママになって欲しい.。o○社会や地域のコミュニティで信頼のおける存在になって欲しい.。o○立居振舞を意識することでその感性を芽生えさせて欲しい.。o○

新しい人生の門出に期待と不安の入り混じった新郎新婦のお二人に愛のメッセージをお届けしたいと考えております。
a0242275_1651739.jpg
一回完結の講座では挙式の立居振舞だけではなく、印象やマナーのなぜそうなのかを伝授いたします。不安やイライラが激減することマチガイナシ!新婦様には実際にドレスを着用して新郎様と共にウォーキングの練習もしていただきます。

どうぞご結婚祝いとしてもご活用ください(^^)

★お問合せはお気軽に! gontarica☆yahoo.co.jp ☆を@に換えて下さいね
~また会いたい人になりましょう~

新郎新婦のための洋装挙式での立居振舞心得講座≫←ご案内ページ(クリック)
[PR]

by manners-gontarica | 2013-01-15 16:22 | 講座ご案内

結婚式での出来事

 昨日一日降り続いた雨がウソのような今日のお天気。洗濯物がよく乾きます(^^)

 昨日は結婚式のお仕事でした。いつもの聖歌隊とは違う、人前式の司式者としてのお仕事です。人前式とは、宗教や形式にとらわれない自由なスタイルの挙式です。これまで支えてきてくださったご家族やご友人の前で力強く結婚の誓いを立て、ご賛同やご承認をいただきます。新しいスタイルのように思われがちですが、日本やヨーロッパでは古くからおこなわれているスタイルで、祝言もその一つです。

 ついつい速くなりがちな言葉に注意を払い、心を込めて祝福の気持ちと雰囲気が高まるよう導きます。新しい人生への歩みをすすめられるお二人に、これまでの成長を見守ってこられたご両家の皆様のお喜びを思うと、温かい気持ちになります。

 式後には、ご両家の皆さまが歩みを止められ、こちらに「ありがとうございました」と、丁寧にご挨拶くださいました。初対面の皆様ではありますが、何かが通じたように感じてとても嬉しく思いました。この日の何よりのご褒美を胸に、言葉や態度はただのカタチや決まり事では無く、心までをも伝える手段なんだと、このマナーのお仕事も、その素晴らしさをこれからも熱く熱く伝えてまいりたいと感じた一日でありました。

 新郎新婦様、どうぞ末永くお幸せにm(__)m

退場曲のイントロが響き始めた途端。。。無意識にブレスを吸って歌い出しそうになった自分に・・・^^;条件反射ってオソロシイ.。o○でも、そんなのもイイかも知れませんね(^_-)-☆

プロフィール
講座ご案内
[PR]

by manners-gontarica | 2012-11-12 17:04 | 心のおもてなし(接遇)

挙式参列で心がけたいことPart3(2012/11/02 Fri.)

 一気に冬の足音が.。o○長い夏がようやく終わりの時を迎え、心地よい秋が~と楽しみにしておりましたが、電車内でも咳き込んでいる方多数。。。気温差が激しく免疫も下がり気味の季節。うがい・手洗いと共に暖かくして罹患を防ぐことを心がけていただきたいな。。。と思っています。そして。誰しも他人の咳は気になるハズ!自分以外の、周りの人の存在にも意識を向けて心地良い共有空間となりますように。

過去投稿ご紹介
咳エチケット
他人の咳やくしゃみは気になる?

 さて、ブライダルシーズンは現在まっただ中!新郎新婦のお二人にとってより良い挙式になるよう参列者の皆さんと共に我々スタッフも、プロとしての心がけは忘れません。しかしながら聖歌隊二名に対し100名近くの参列者がいらっしゃる場合もアリ、時には「あっ!」とヒヤヒヤするシーンも生まれます。

 ですがそれは知らないことが原因の出来事でもあるのです。場所柄大声でご案内することもはばかられ、神聖な挙式であるからこそ気を付けたいチャペルの中の大切なこと。

それはバージンロードです。これはキリスト教式の結婚式において、式場の入り口から祭壇に至る通路(及びそこに敷かれる布)のことで、日本の結婚式場業界が名付けた和製英語だそうです。バージンロードは新婦が今まで歩んできた道とも言われています。家族と歩んできた道のりを結婚式の当日に父(代理の場合もあり)と進み、その先で新郎と出会いそして新郎と共に未来の道へと歩みを進める。。。バージンロードは新郎・新婦、立会人や両親のみが歩くことを許される神聖な道

参列者には外側の通路を進むことをご案内しますが、侵入を防ぐポールも無視して入り込む方、乗り出して写真撮影をされる方。。。新婦様の気持ちを思うと「あっ!」と思うのと同時に至らなかった自分を情けなく感じたり。。。でもそれは、わざわざ冒涜しようとする行為ではなく、「知らない」ことが生んだアクシデントであると思っています。

そんな時に大声で制すれば、それは場違いなものとなり、その方に恥をかかせる結果となります。全員がキリスト教徒で、大勢の方がその意味合いを知って。。。というのは難しいことかも知れませんが、挙式は儀式。参列者の立居振舞は祝福の気持ちとなり得ることを少しでも知っていただけたらな.。o○と思っています。

 大切な方の一生に一度の晴れの日に、心のこもった振舞でお祝いの気持ちを最大限に表現しましょう!それは自身への信頼にもつながる素敵な機会にもなるはずです(^_-)-♡

おめでとうございますm(__)m

お祝いにもお役立てください
新郎新婦のための洋装挙式での立居振舞心得講座
輝く花嫁と花婿のために
[PR]

by manners-gontarica | 2012-11-02 15:45 | 冠婚葬祭マナー

輝く花嫁と花婿のために

 10月も下旬、早くも11月に突入!こうなると一気に年末まで過ぎていきそうですね(^^)ですが、11月はブライダルシーズン。私たちにとりましても、新しい歩みを進められるお二人のお手伝いと音楽を通しての祝福の機会は喜び以外のなにものでもありません。

 
 ですがそんな晴れの日の立居振舞ではほとんどの方が所作に戸惑い、歩き方に苦労し、姿勢が崩れ。。。しかしながらリハーサルでの5~15分のような短い時間では伝える内容にも限りがあり、なんとかもっとお役にたてるような方法はないものか。。。と考えておりました。

 私自身が演奏家としてドレスでの立居振舞に慣れており、2,000組近くのカップルを間近で見送ってきた強みと経験。そしてマナー講師としてお伝えできる身だしなみから立居振舞まで・・・そのすべてを網羅した観点からのアプローチができるようになった今。ウォーキングレッスン用のウェディングスカートが出来上がり、ようやくお届けできるカタチが整いました。
a0242275_1502930.jpga0242275_159363.jpg
 
※上半身は撮影用当て布です。

 新婦様には実際にウエディングドレスのスカートをお召いただき姿勢からウォーキング、立居振舞の習得をフォーローします。新郎様にはエスコートやヴェールアップ、ウエディングキスなど、お二人がより映える立居振舞を伝授します。

 一生に一度の晴れの日。最高の笑顔で迎える一度きりの瞬間。後で写真やDVDを見て悔やむことのないよう、相応しい立居振舞で迎えることができるよう、≪新郎新婦のための洋装挙式での立居振舞講座≫はいかがでしょうか?ご結婚のお祝いにもお役立てくださいm(__)m

ご相談、お問合せはお気軽に♪ 
※gontarica☆yahoo.co.jp ←お手数ですが☆を@にかえてご連絡ください。

新郎新婦のための洋装挙式での立居振舞講座
その他≪講座ご案内

 花嫁のためのウォーキングレッスン用ウェディングスカートは洋裁の仕事をする友人にお願いしました。幅広いサイズに対応できて、なおかつ美しく、そして当日の振舞に少しでも近づけるようトレーンの長さもリボンの愛らしさとともに工夫してくださいました。彼女のブログ《音楽と手作りと♪》←はコチラ。洋裁のご相談があればどうぞお気軽に。
[PR]

by manners-gontarica | 2012-10-26 15:28 | 講座ご案内

挙式参列で心がけたいことPart2(2012/10/22 Mon.)

 ブライダルシーズン突入!で、前回投稿した『挙式参列でこころがけたいこと』に、たくさんの反応をちょうだいしPart2を書くことにいたしました。コレは挙式シーンのみにかかわらずいろんな場面で問題になりうることかもしれません。。。

子どもがぐずる・騒がしい

今日は挙式のシーンにおいて考えてみますね(^^)

 こちらから見ていると、お子さんがぐずったり騒ぎ出したりした場合「ご退出されればいいのにな。。。」ですがそんな場面にはなかなか出くわしません。それはなぜか?

神聖な挙式、退出なんて失礼なことできない!
子どもは騒ぐもの、どこに問題があるの?うちの子ってかわいいでしょ?
大切な親族・友人の挙式シーンに何としても立ち会いたい!

さあ、ものごとの本質について考えてみましょう!

今日の主役は誰?もちろん新郎新婦。
挙式は儀式。
子どもに「静かにしなさい」は酷なこと。その「シー」が耳障り

 意外でしたが「退出は失礼なこと」と感じておられる場合もあるんですね。ですがそんなことはありません。挙式は新郎新婦にとって、ご家族にとって一生に一度の神聖な儀式です。そのシーンに立ち会うことを許された意味。心からの祝福は静粛な態度(振る舞い)で臨むこと。お子さんがぐずったり騒いだりする場合には、迷わず退席されることをおすすめします。

子どもがぐずるのは当然?確かに、当然です。シーンと静まり返った不慣れな空間ではストレスや不安からぐずり出してしまうのは仕方のないことでしょう。そこに「シーシー」と、指を立てて諭している場面はほほえましくは映りません。「ごめんね~」と、謝って済む問題では治まらない事態にもなりかねないことをお忘れなく。

主役は誰?もちろん新郎新婦です。お二人の新しい人生の門出をお祝いする、参列者全員の気持ちの集まった素敵なシーンとなりますように.。o○

おめでとうございますm(__)m

新郎新婦のための洋装挙式での立居振舞い心得講座
過去投稿
平服とは?
結婚式での身だしなみ
挙式参列で心がけたいこと
[PR]

by manners-gontarica | 2012-10-22 10:30 | 冠婚葬祭マナー

挙式参列で心がけたいこと(2012/10/19 fri.)

 二日間降り続いた雨もようやくおさまり、今朝はいいお天気です\(^o^)/

 季節は秋。ブライダルシーズンまっただ中!新郎新婦様の新しい人生のスタート(^^)又、親御様にとられては大切に育ててこられたお二人の旅立ちの時。そして結婚式に出席、参列というのは誰にとっても嬉しくて楽しい出来事です。何を着て行こうかな.。o○そのためのお買物や準備もお祝いの気持ちと共にウキウキと盛り上げてくれますよね。

 そうして準備を整え迎えたお式当日。その日のおしゃれはお祝いの気持ち。華やかな装いでおめでとうの心を伝えたい。。。そこで気を付けたい参列での振る舞い。

司式者の案内が始まっても騒がしい・・・
挙式中も騒がしい・・・
チャペル内を歩き回っての写真撮影・・・
携帯電話の着信音・・・

すべてが、その華やかな装いとお祝いの気持ちからかけ離れた振る舞いであるのはもうお気づきのことでしょう。仲良しだけの集いではありません。いろんな世代の心からのご祝福が集まる一生に一度の機会、only one♪です。

 新郎新婦に恥をかかせることのないよう。。。新しい人生の始まりに大きな華が添えられるよう。。。自身の振舞を心掛けることが、自分を輝かせる何よりも高価なアクセサリーとなることでしょう。

おめでとうございますm(__)m

過去投稿 
平服とは?」「結婚式での身だしなみ
[PR]

by manners-gontarica | 2012-10-19 11:25 | 冠婚葬祭マナー

話し方講座~スピーチレッスン

a0242275_16412277.jpg

話し方講座(コミュニケーション)≫ 

・敬語や話法など、大切な相手とのコミュニケーションに必要なスキルを学びましょう
・お仕事で!プライベートで!大切な相手との円滑なコミュニケーションは人生の宝物です。
いつも相手を怒らせてしまう‥想いがうまく伝えられない‥会話が長く続かない‥の具体的な悩みに個人の印象も交えてアプローチします。

スピーチレッスン
・結婚式の祝辞/スピーチを依頼されたが人前で話すのはなれていない
・スピーチ原稿のチェックから当日の立ち居振る舞いまで
 (ご希望であれば簡単なテーブルマナーを交えてご指導いたします)

指導:日本サービスマナー協会認定 ブライダル司会者/同マナー講師

gontarica☆yahoo.co.jp ☆→@
[PR]

by manners-gontarica | 2012-07-20 16:48 | 講座ご案内

新郎新婦のための洋装挙式での立居振舞心得講座

a0242275_16165641.jpg
一生に一度の晴れの日に、素敵な立ち居振る舞いで大きな花を添えましょう!

※個別応対講座 出張要相談

 普段着なれない正礼装でのウエディングでは、誰もが立ち居振る舞いに戸惑います。後から写真やDVDを見て悔やむことのないよう、心を得てから本番を迎えられてはいかがでしょうか?
講師自ら2,000組近い挙式を担当した経験と、演奏家としてドレスでの立居振舞に慣れた実績から、挙式を控えた新郎新婦様にアドバイスを贈ります。

・入退場(歩き方)
・姿勢
・ヴェールアップ~ウェディングキス
・指輪交換
・エスコート

など、挙式の進行に沿った立ち居振る舞いをアドバイスいたします。

指導:日本サービスマナー協会認定マナー講師

gontarica☆yahoo.co.jp ☆→@
[PR]

by manners-gontarica | 2012-07-20 16:30 | 講座ご案内

心からのお出迎え (2012/5/28 Mon.)

 もうすぐ五月が終わります。歳の数が増すにつれて一年が短く感じるようになる。。。とは、皆さん共通の思いかも知れません。それは、一年は現在の「年齢分の1」だからで、分母が大きくなればなるほど短く感じるのは当たり前である!と、どなたかがTVで力説されていたのを記憶しています。ナルホドナァ~.。o○(^・^)と感心しきりでありました。小学一年生にとっては「7分の1」。古希の方なら「70分の1」。って自分の年齢をすっ飛ばしておりますが。。。(^^ゞ そりゃあ短く感じるよね!ってことで、毎日を笑顔で楽しく過ごしましょう\(^o^)/

 昨日は結婚式のお仕事でした。一昨年の秋にオープンしたこちらの会場は「お客様からの期待を上回るおもてなし」を目標にホスピタリティに取り組んでおられます。こちらの女性スタッフのユニフォーム(制服)がパンツスタイルの時と、スカートの時があるのでお訊ねしてみましたところ。。。「お客様をお迎えするときにはスカートを着用するよう決まっております。」とのことでした。サスガ!ナルホド!女性にとっての正装は「スカート」です。ビジネスシーンでは機能性を重視したパンツスタイルも多く見受けるところですが、お客様にしっかりとした「敬意」をお伝えしたい場面では、やはり 正装を心がけておられるのですね(^_-)-☆
 お仕事のシーンによって、女性らしい柔らかい雰囲気のスカートスーツは、お客様への「敬意」のメッセージとしての役割を果たしてくれているのでしょう。相手との信頼を結ぶ 心からの感謝やお詫びの場面にお役立ていただけましたら幸いです\(^o^)/
[PR]

by manners-gontarica | 2012-05-28 14:51 | 心のおもてなし(接遇)