<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

五月病 と快感!(2012/4/30 Mon.)

ふぅ~(*_*)一気に夏ですね。早いもので明日からは5月です。世間では「五月病」が取り上げられる時期でしょうか?新しい環境への期待と現実のはざまで自信がなくなったり、ヤル気が出なかったり.。o○心の中でモヤモヤが大きくなり始める時期なのかも知れませんね。私は心理カウンセラーではありませんが、もしかしたら世間でもてはやされている「前向きな人」や「ポジティブシンキング」がジャマをしているのかも。。。とは考えすぎでしょうか?仕事は楽しいもの。「楽しいから笑顔になれる」「充実しているから前向きになれる」。順番を間違えると「前向きにならなきゃ」や「元気にしなきゃ」などと、自分を追い込むことにもなりかねません。楽しく物事に取り組むためにも今一度、人とのかかわりの中でのコミュニケーション力に目を向けて、自らのマーケティングをコントロールしてみてはいかがでしょうか?

 マナー講座では「基本5原則」をご紹介しています。これは、基本と言うだけあってどのような分野にも通用する5原則です。事務職、営業職、医療関係、販売、サービス業、CA、経営者、先生、お父さん、お母さんエトセトラエトセトラ。。。人とかかわる場面ではいずれの場合でも、この「基本5原則」が自分の、あるいは組織の印象、そして相手、お客様へのメッセージとなり得ます。私達人間は誰ともかかわらない場面はほとんどといってないはずです。コンビニでのお買い物でお釣りを投げて渡されたら。。。その店員さんのお行儀や態度が悪いことに腹が立つのではなく、その態度から自分を軽く扱ってると感じるから腹が立つのではないでしょうか?心あっての態度と言われていますので、心がけていきたいものですね!(^^)!

 昨今取り上げられている「ホスピタリティ」は日本語では「(お)もてなし」と紹介されています。これはラテン語の【ホスペス】が語源です。古代ローマでは外国の友を自宅で手厚くもてなす習慣があり、この「友」の事を【ホスぺス】と言ったのです。同じく【ホスぺス】を語源に持つ言葉はホスピタリティの他に「ホテル」「ホスピタル(病院)」「ホスピス」があります。それ自体からはすぐには想像できないかも知れませんが、「もてなし」や「癒し」「安らぎ」といった人間の快感につながる心の部分が大切なんですね。方やサービスは。。。slave(奴隷)やservant(召使い)と語源を同じくします。する側、される側からの一方的なカタチや心が、お互いの快感とはかけ離れた結果に結びつく可能性が多いのもうなずけるかも知れません。ホスピタリティのマニュアル化が難しいのは、そういった心の部分の課題があるからでしょう。心からのもてなしで相手に快感をもたらし、また会いたい人になれるよう、毎日を笑顔で過ごせていけたら素敵ですよね(^_-)-☆

G.W.を思いっきり楽しく過ごして、元気がいっぱい充電されますように!
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-30 13:23 | 心のおもてなし(接遇)

結婚式での身だしなみ (2012/4/27 Fri.)

 G.W.も目の前です。真っ青な空が広がっていますよ!期間中はお楽しみも多いでしょうから、イイお天気が続くといいですね~(^^)結婚式もシーズン到来です。そしてこのブログでも「平服とは?」へのアクセスが後を絶ちません。皆さん、大切な方のお祝いのシーンにふさわしい身だしなみを心がけておられるんですね。少しでもお役に立てましたら幸いです。
 私が仕事中に気になることは、男性の着こなしで「スーツのボタン」を外したままにしておられる方が多いことでしょうか。挙式はチャペルや神殿といった改まった場所が多く、又、お父様、お母様をはじめ、ご親族の方々お揃いでのお祝いの場面ですので、敬意とお祝いの気持ちの表現として、身だしなみに気を配られることをすすめします。男性が上衣のボタンを留めるしぐさの魅力的なことといったら.。o○(^_-)-☆シーンを慮った気持ちの表現が、自分自身をも輝かせることになるんですねぇ~。一生に一度のお祝いのシーンに、心からの祝福が大きな慶びの表現となりますようにm(__)m

※中にベスト(米)(ウエストコート(英)・ジレ(仏))を着用の場合はボタンは留めなくても構いません(もちろん留めても構いませんよ^^)。アンボタンマナー(一番下のボタンは外す)もお忘れなく!
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-27 13:41 | 冠婚葬祭マナー

基本5原則 ⑤言葉遣い その① (2012/4/23 Mon.)

 春です。ハナミズキも満開です。冬の引き締まった冷たさも良いものだと思っていましたが、やっぱり春もイイですね(^^)日差しが明るくて気持ちまで晴れてくるようです。窓を開け放して心地よい風に吹かれていると、自然と表情が明るく前を向いて行けそうです。早くも日傘をお持ちのご婦人を見かける機会も増えましたが、今年の紫外線防止グッズは「モノスゴイコト」になってますね(・_・;)

 先週、美人とは? 2012/4/19 Thu.でもご紹介しました「笑顔」。昨日4/22(Sun.)読売TV「所さんの目がテン!」でも、その必要性が紹介されていました。とても素敵なビジネスマナーの先生が「笑顔の作り方講座」をされているとかで、その様子も同時に紹介されていましたよ。本来笑顔は作るものではないはずですが、お仕事やコミュニケーションの場面では心がける必要がありますよね。そんな時にどうすればいいか。どのような心がけで明るい、好感のもてる表情を自ら演出することができるのか。。。マナー講師として、印象アドバイザーとして、音楽家として、講座の中では独自の方法をご紹介しております。個別にもどうぞお気軽にお訊ねいただければと思います(^_-)-☆

 さて今日は、基本5原則は言葉遣いについてのお話です。先日敬語①~させていただくでもお話しましたが、お互いの立場や年齢の違いを埋めて円滑なコミュニケーションを図るうえで、言葉遣いは大切な役割を果たしてくれます。敬語や改まった言葉の基盤は相手やその場を尊敬する気持ち。誰に対して敬意を払う言葉を使うべきかを適切に判断できることが、社会人としてのセンスと言えるのかも知れませんね。
 最近、私が気になる言葉遣いは「~の方から」や「~になります」です。これらは世間で言われている「よろしかったでしょうか~」などのファミコン語(バイト敬語・コンビニ敬語を合わせた表現)の一部です。「~の方から」の「方」は本来方角のことで、「私の方からお伝えします」は「私からお伝えします」で十分で、わざわざ言葉を増やしているので時間も余分にかかります。「~になります」は「~でございます」でよく、「成ったわけではないんだよ」ということです。などと言いながらもこれらの表現は一般化しつつあり、私も時々使ってしまっています。「~の方から」は、こう言うことによって表現が柔らかくもなるのかな。。。とも。ただ、マナーの心としましては「一人でも不快に感じる方がいらっしゃるのなら気を付けましょう」ですので、気づいた時にはご自身の言葉遣いの中に活かしていただければな。。。と思います。またこのページでも少しずつご紹介していきますね(^0_0^)
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-23 14:37 | 心のおもてなし(接遇)

美人とは? (2012/4/19 Thu.)

今日の大阪は夏日だったそうです。造幣局の桜の通り抜けも来週月曜日まで。春は一気に駆け抜けて行きますね。ですがまだまだ冷える朝晩。なのになのに!18日の夜、打ち合わせで出かけた折には最寄駅の待合室の冷房がガンガンに効いていました。寒すぎで中には誰もおらず。。。昨年の電力不足から暑い夏も、寒い冬にも空調切っておられたはずですが、いくら電力に余裕のある時期だからと言って!!!思わず突っ込みたくなった瞬間でした。

さて昨年の暮れ、久米宏さん司会【経済SP第4弾 東京って幸せですか?】で、幸せ度・自画像が語る衝撃の真実!に興味を惹かれました。「最近、東京で美人が減ったという噂があるが?」とのアプローチで、東京と鹿児島の女性に自身の似顔絵を描いてもらって比べるといったものでした。その結果、笑顔は鹿児島が東京の二倍だったにもかかわらず、無表情な自分を描いた女性は東京が鹿児島の五倍もいたとの結果。そして美人とは、やはり「笑顔の女性」のことでありました。家賃を含め、物価が高い東京では毎日の生活にゆとりを感じる機会が少なく、がんばっている自分であっても笑顔が乏しくなり、東京のそれに比べると余裕があり、人とのふれあいを多く持てる鹿児島では、毎日を幸せに感じ自然に笑顔の自分でいられる。美人とは、決して容姿端麗なことでも、高価な衣服や装飾品を身に付けていることでも、完璧なメイクをしていることでもなく、心からの笑顔で人生をコントロールしている人達のことなんですね。そして、あの宝塚歌劇団には【ブスの25か条】なるものが存在するそうです。ブスとはいかにも直接的な表現で、不快に感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、ご自分たちへの戒めの言葉として用いられているものだと感じましたので、そのままご紹介致します。

【ブスの25カ条】
1 笑顔がない
2 お礼を言わない
3 美味しいと言わない
4 精気がない
5 自信がない
6 愚痴をこぼす
7 希望や信念がない
8 いつも周囲が悪いと思っている
9 自分がブスであることを知らない
10 声が小さくイジケている
11 なんでもないことに傷つく
12 他人に嫉妬する
13 目が輝いていない
14 いつも口がへの字の形がしている
15 責任転嫁がうまい
16 他人をうらやむ
17 悲観的に物事を考える
18 問題意識を持っていない
19 他人につくさない
20 他人を信じない
21 人生においても仕事においても意欲がない
22 謙虚さがなく傲慢である
23 他人のアドバイスや忠告を受け入れない
24 自分が最も正しいと信じ込んでいる
25 存在自体が周囲を暗くする

いかがですか?やはり笑顔は魅力的な人の条件なんですね。無表情は相手に負担を与えます。心からの笑顔が社会へのパスポート。好感のもてる明るい表情が、皆さんのお仕事をスムーズに進めさせてくれる人間関係の鍵となることを、今一度思い起こして頂ければ幸いです。春は出会いの季節です。また会いたい人になれるよう、輝く笑顔で幸せいっぱいの毎日が訪れますように!(^^)!
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-19 23:24 | 心のおもてなし(接遇)

存在を気遣う (2012/4/16 Mon.)

早くも「蚊」の襲来に見舞われました。。。暖かくなってくるとコレですから、先が思いやられますよね(-"-)就寝中の耳元でのあの「プ~ン」って音には逃れられない絶望を感じます・・・(大袈裟ですか?^^;)

先日、タレントの「今〇耕司さん」がTVで「結婚相手の条件を挙げていったら50もあったわ!」と、おっしゃっているのを拝見しました。その数だけ聞くと、「うわ~っ、これじゃあ相手は見つからないな~」(私に言われたくはないでしょうが…)。ですが内容を聞いてみると...「家の中をドタドタ音を立てて歩かない」とか「冷蔵庫をバタンと閉めない」など、細かい表現ではありますが「ナルホドナァ~」と感じることが多く。。。以前からこの方の発言に「それってマナー違反やろ!」をよく耳にしていましたので、納得の内容でありました。家族でも仲間でも、共同の居住空間ではやはり、存在を気遣って配慮することが大切ですよね。そして気遣い合うことが出来なければ、相手の存在を「大切に思っていない」「関心がない」というメッセージとなり得ることを覚えておいていただければなと思います。大切な人達との 心地よく、一番くつろげる空間づくりは「相手の存在を気遣う気持ち」から始まるのかも知れませんね(^^)

春がもたらしてくれた素敵な出会いに感謝しつつ、これからの活動の励みにもなる一日でありました♪
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-16 16:37 | その他

考えるチカラ (2012/4/13 Fri.)

やっとこさっとこ、ダウンコートがクリーニングに出せそうですね(^_-)-☆満開の桜も先日の雨で一気に花吹雪となりましたが、街に出るとフレッシュマンや就活中の学生さんが、まるでソメイヨシノのような初々しい雰囲気を放っています。そんな若者を見ると嬉しくなってしまう今日この頃。仕事は楽しいもの。自分らしい観点を持つチカラ(考えるチカラ)を身に付けて、発想力や創造力の起点となりますように。

自分らしさや個性は大切な武器です。自分は世界でたった一人の存在で、同じ人は一人としていませんよね。自分らしい観点とは、発想力や創造力といった考えるチカラのスタート地点、目の付けどころとなることを覚えておいて下さい。そしてお仕事や就活に活かしていって頂きたいと思っています。

2012/2/18 NHK Eテレ「テストの花道」で「自分らしい観点を持つチカラ」6観点ビューが紹介されていました。
ヒト・モノ・ウゴ・カン・シン・ゴ

ヒト⇒「人を切り口にテーマについて考える」
モノ⇒「身の周りの様々なテーマに沿った物に目を付ける」
ウゴ⇒「人の動き・変化に目を付ける」
カン⇒環境「個別の人や物でなく、状況や景色に広く目を向ける」
シン⇒「人が思う感情や意味・価値という観点からとらえる」
ゴ⇒五感「視覚・聴覚・触覚・嗅覚など、全身の感覚を研ぎ澄まして考える」

いかがでしたか?自分らしい観点、考えるチカラの参考にしていただければ幸いです。

組織では新入社員研修も行われている頃でしょう。社会人としてのカタチを学んだら、そこに自分らしさのエッセンスを加えて、ありきたりにならない、飽きられないコミュニケーション力となりますように。

ご相談やお問い合わせはお気軽に!
個人レッスンも承っておりますm(__)m ファイトォ!p(^^)q
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-13 15:37 | その他

サーバント・リーダーシップ (2012/4/9 Mon.)

待ってました!今年も桜満開の季節です\(^o^)/淡いピンク色の桜はいろんなことを期待させてくれます。この後には「ハナミズキ」。ルンルンと上を向いて咲く花は、小躍りするような楽しいことを運んできてくれそうで大好きです❤

私は威圧感やイライラが得意ではありません。音楽やマナー、印象、スピーチなどで指導の機会があった折には、笑顔のコミュニケーションを心がけ、個性や意欲をひきだすことができたらイイナ。。。と思っています。そして先日、日頃の私の思いにピッタリくる言葉に出会いました。NHK「仕事のすすめ~宮本亜門 舞台流コミュニケーション」 。双方向のコミュニケーションで心を開かせ、内に眠る才能や可能性を引き出す、従来の「支配型」ではなく、「支援型」のリーダーシップ。それがサーバント・リーダーシップであり、「宮本亜門氏」の演出家としての姿勢。思えば私自身も、自らの師にはそうやって接していただいたな。。。と振り返り、感謝の機会にもなりました。このサーバント・リーダーシップには10のポイントがあるそうです。

①傾聴
②共感
③癒し
④気づき
⑤納得
⑥概念化
⑦先見力
⑧執事役
⑨人々の成長への関与
⑩コミュティづくり

はっきり言葉にすると、なるほど!ですねぇ。ビジネスシーンやプライベートシーン、いずれにおいても活かしていきたい気づきの機会でありました!(^^)!マナー講師としては、「ホスピタリティー・リーダシップ」かしら???と、思いながらも、文法合ってるかわからない。。。(・_・;)

≪書籍ご紹介≫
1977年 ロバート・K ・グリーンリーフ(著) サーバントリーダーシップ  
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-09 16:25 | その他

敬語①~させていただく (2012/4/6 Fri.)

爆弾低気圧や突然の雷雨、暑くなったり寒くなったり。。。と、なかなか気候が安定しませんね。まだまだ冬のコートやセーターが手放せず、愛用のブーツも足元で微笑んでくれています(^^)

さて、いつの頃からか、TVで芸能人の皆さんが「~させていただく」という敬語表現を多用されているのを見受ける機会が増えました。社会人として、ブラウン管(古いですか…^^;)の向こうのたくさんの視聴者を意識し、慮ってのことだと思いますが、先日 TV番組【マツコ&有吉の怒り新党】に「~させていただく」というのは、へりくだってさえいればいいという印象に聞こえて不快だ!と言った相談(マニフェスト採用希望)が寄せられていました。(TVネタが多いですね^^;TV大好きなんですm(__)m)これに対して、マツコさんと有吉さんのご意見は「まあ~いいじゃない。じゃあ~してやる!という表現ならば不快にはならないの?」。。。フムフムごもっとも。ですが確かになんにでも「~させていただく」をつけている印象もなくはないな。というのが私の感想です。これは「~させていただく」の意味と遣い方を理解し、実践できていないからかも知れません。そこで!「~させていただく」の定義を調べてみましたのでご紹介いたします。(←させていただくではなく(^^ゞ)

~させていただく

1.自分のことであること
2.相手の許可を得て行われていること
3.それに対して感謝するという事実や気持ちがあること

いかがでしょうか?幾分、スッキリされたのではないでしょうか?敬語は難しいですね。ですが敬語などの言葉遣いは相手との立場や年齢の違いを埋めて、スムーズなコミュニケーションを図ることのできる素敵な言葉(ツール)ですので、興味を持って実践を続けるといった取り組みが大切です。慣れないことは誰にでも(もちろん私にも)ありますから、失敗を恐れずに!≪失敗は成功の元≫熱意はきっと伝わりますp(^^)q
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-06 16:01 | その他

スーツのボタン (2012/4/2 Mon.)

いよいよ4月です。新しい年度が始まりました(^^)昨日は年に一度のエイプリルフールでしたが、なかなか気の利いた「ネタ」が思い浮かばず。。。心待ちの一日が無情にもあっと言う間に過ぎていってしまいました(-"-)「来年こそは!」と、毎年心に誓う私ですが.。o○一年て早いですね^^;それに最近はエイプリルフール自体が忘れられつつある印象で、寂しい限りでありますル。。。(V)o¥o(V)

さて、新しい年度の始まりには新しい出会いが待っています。新しい組織やグループ、異動などでの環境の変化は皆さん少なからずともあるのではないでしょうか?今までの自分に何か気付きがある方は、今一度自分自身を振り返り、新しい変化の機会へと方向づけてみてはいかがでしょう。人間は人とのかかわりの中でしか生きていけません。ウマくいかないことがあったなら、自分の心の中に何か原因があるのかも知れません。お仕事(ビジネスシーン)においては苦手や相性ではすまされず、社会人としての配慮の欠如にもつながりますので、自分と遠い存在に対してはより気を配ることが、信頼関係の構築につながることでしょう。

そこで今日はビジネスシーンに欠かせない身だしなみは「スーツ」についてのお話です。最近はシングルタイプのものが多く見受けられますが、スーツのボタンへのアプローチを気にされたことはありますか?1つボタン、2つボタン、3つボタン、4つボタンと様々あれど、男性の場合には1つボタン以外はすべて一番下のボタンは留めません(アンボタンマナー)。これはスーツは形が崩れないようにスマートに着こなす必要があるためで、一番下のボタンを留めるとシワがより、窮屈な印象になるからです。よって着席の場合には全て外すのがベスト。TVで見ることができる、世界の要人の会議などでは「座っているときは外す」「立ち上がる時に留める」というシーンを見ることができるはずです。また組織でも、立場が上の方ほど 多くの社会経験からか 相手に対した場面でこのように(自然に)ふるまわれます。コレはボタンを留めることが相手に対する「敬意」を表す行為で、そのことをよくご存じだからです。だらしなく外したままの姿では相手に敬意が伝わらないばかりか、相手を軽く見ているという印象も与えかねませんのでご注意ください。この 外したり留めたりをスムーズに行うためには3つボタンも真ん中だけを留める方がいいかも知れませんね。4つボタンも一番上はご自身のシルエットとよく相談していただければと思います。
ここまでご説明して疑問なのは、では女性のスーツはどうなのか?女性の場合は全てを留めるのがマナーです。女性はネクタイを締めませんから、その代りと思えば納得。。。かな?窮屈で相手に不快な印象を与えるならば、一番下は着席時に外しても構わない気もしますが、その動作は美しくは映らないでしょうし、ビジネスシーンでも女性らしさは大切にしたいものですね。

就活中の皆さんへ
いよいよ面接などが始まっている頃かと思います。スーツのボタンを留めることは、相手への敬意を表す意味があり、ビジネスシーンにおいても欠かせない大切な身だしなみですが、相手が知らなければ「着席時に外す」ことは、横柄で、無礼でetc...etc...という印象にもつながりかねません。面接官が着席時にも留めている場合にはご自分も留めた方が良いでしょうし、そうでない場合にもフレッシュな印象としては、留めた方が無難かもしれませんね。加えて、ネクタイの下に隠れている(ように思われる)ワイシャツの一番上のボタンも留めておくことをおすすめします。スーツの評価は減点法ですから、ご注意を!
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-02 16:26 | ビジネスマナー