<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

積極性 (2012/3/29 Thu.)

またまた週末はお天気悪そうですね。。。まだ朝晩は冷えるので、季節の変わり目に体調崩されませんように.。o○m(__)m

先日、所用で日中平日の肥後橋へ。昼食を採ろうにもお財布の中身が寒すぎて。。。(-"-)外食チェーン店〇屋で250円「牛めし(並)」をいただきました(^0_0^)お味噌汁も付いてこのお値段はありがたい(~人~)ですが、相席のサラリーマンが「つゆだくだくで!!」\(◎o◎)/!には後で大きくうなずくこととなりました。次回には「つゆだく」ぐらいがいいかしら(^_-)-☆そして次に現われた二人の若者☆彡話の内容から、どうやら就活中の学生さん。リッチに「半熟卵」をプラスした二人の会話に耳を傾ける一人の変なオバサン(ステキなおねえさんッ)。「志望動機を400字でまとめろ、に70字ぐらいしか書かなかった」「250字ぐらいだった」。ほぉ~、なかなかの強心臓・・・熱意は伝わったのかしら?それとも、短く伝えられるモノスゴイ文章力があるのかな?「何か質問はあるか?に、まずはと簡単な質問をしたら、はい結構ですって言われた」。アラアラ、質問って内容も大切だけど、言葉遣いや話し方、視点、価値観が試されているのではないかしら???と、話に加わりたくなる私。。。ですが、いつまでも隣に座っているわけにいかない雰囲気で、そぉ~っとその場を離れましたが「ああ~恥ずかしくとも思い切って声をかけ、このブログの紹介だけでもしてきたらよかった・・・」エトセトラエトセトラ。。。一番積極性のなかったのは私だったかな?と、反省の一日。もう二度と会えない二人の若者の今後に幸多からんことを、陰ながら祈った次第でありましたm(__)m
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-29 23:23 | その他

ご祝儀袋 (2012/3/26 Mon.)

今年の冬は長いですが、少しずつ暖かくなってきましたね。そして結婚式シーズンも始まっていいます。お仕事の件数も増えてきましたよ(^_-)-☆以前ご紹介した「平服」に関する感想が多くなっているのも、結婚式にまつわるものだからかなと感じております。やはり「お祝い」の場面では、誰をも不快にさせない心のこもったお祝いのカタチが自分自身の為でもあるとのお考えからのことでしょう。そこで今日は「ご祝儀袋」の豆知識をご紹介することにしました。
a0242275_16414160.jpg
最近はコンビニでも100円均一ショップでも手軽に購入することができますし、袋には用途の説明も丁寧にされていますので迷われることも少ないでしょう。上の写真のように華やかなものも増えました。選ぶときにはどれにしようかと悩まれるかもしれませんが、ご祝儀の金額とのバランスも大切です。パッケージに参考金額も明記されていますので参考にされるとよいでしょう。ご結婚のお祝いは、金銀や赤白の結びきりといわれる水引が用いられます。そして、5本・2束を夫婦にみなした10本の水引が多く用いられています。
a0242275_21125778.jpg
では上の写真のご祝儀袋とはどこが違うのでしょうか?慶事の水引は5本や7本といった奇数です。そして結びは右の「結びきり」と左の「蝶結び」の2種類があります。結びきりには「繰り返さない」「一度で終わる」、蝶結びには、何度でも解き結びなおすことができることから「何度あってもよい」という意味合いがありますので、ご結婚に際しては離婚後の再婚を連想させる蝶結びはふさわしくありません。又、右の祝儀袋は水引の本数が7本で慶事用ではありますが、先ほどの「5本・2束を夫婦にみなした10本」ではないところから、多用途用であるといえるでしょうね。

市販の祝儀袋には折式の中包みや封筒式の中袋が付いていますので、肖像画の面が最終的に上になるようお札(新札)を入れ、金額(表面)・住所/氏名(裏面)を記入してから祝儀袋に納めます。上包みの折り返しは下の写真のように「喜びは天を向く」「幸せがどんどん訪れますように」との気持ちを込めて、下側の折り返しが上になるように整えます。
a0242275_17333527.jpg
挙式・披露宴までにお祝いを済ませている場合には、受付でドキドキしますよね(^^)ですが受け付けで「お祝いはお渡ししております」などの旨を 、お祝いの言葉と共に付け加えれば何の問題もありません。新しい人生のスタートを迎えられる新郎新婦様に、ご親族、ご友人の方々皆さんでお慶びの機会となりますように。。。m(__)m

表書きの下にはご自身のフルネームを少し小さめに書くことをお忘れなく(^^)
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-26 11:37 | 冠婚葬祭マナー

身だしなみとしてのメイクと表情 (2012/3/23 Fri.)

今日は一日雨でした。外はスギ花粉がマックス(>_<)なぜか雨の日には特にくしゃみの激しい私です。皆さんはいかがでしょうか?演奏家として、訪問コンサートの一日・・・一瞬にして記憶を昔に呼び戻してくれる。。。音楽の力って、素晴らしいですね~(^〇^)~♪

さて今日は、私のオペラ出演の体験からのアドバイスです。就活中の皆さん、社会人の皆さんにとって基本五原則の一つであります「身だしなみ」では、清潔感のあるメイクは(女性にとって)大切なアイテムですよね。いずれの場合にも、職種に相応しいメイクはコミュニケーション能力として評価され、好印象を与えます。金融系では「控えめでやわらかいイメージ」。IT系では「積極性が感じられるデキル女風」など、求められる雰囲気は様々。職場に相応しくない印象は、自分自身だけでなく「組織そのものの評価」となり得ることは、皆さん感じておられることでしょう。そんな、社会人にとって必要不可欠なメイクをする時のお役立ちポイント!舞台メイクの折に先輩からご指導いただきました「眉毛」!!!「眉頭をハッキリ描きすぎると神経質に見えるから気をつけなさ~い」。ホゥ~。。。なるほど!確かにそうです、そうだとは思われませんか!?眉頭をハッキリと描くと、眉間が狭く見えて厳しい表情に見えやすいんですね!そしてここで登場するのは基本五原則②表情。アプローチ次第でいろんな印象を心掛けることができるんですね(^_-)-☆

春はもうそこまで!出会いの季節の到来です。相手に敬意を払った好印象で、また会いたい人になりましょう\(^o^)/
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-23 21:06 | 心のおもてなし(接遇)

伝えること。

街中のマスク姿の方々も、風邪の罹患や予防から「花粉対策」に移行してきたようです。杉の花粉ももう半分は飛んだようですからあと少しですね。まあ、この後ヒノキやなんやと続くんでしょうが。。。(^^ゞ昨晩は録画していたものも含め、TVドラマを見て久しぶりに号泣しました。泣いた後って気分がスッキリするような気がします。お蔭で今朝はカエルみたいに二重瞼が腫れ上がっておりますが。。。

TVショッピングの(株)ジャパネットたかた社長「高田明氏」がジャニーズの「国分太一氏」に熱く語るCM。「伝えることは相手が理解したかということ。」フムフム。なるほどそうですね。先日外出先で鉄道会社の事故に遭遇しました。乗客が混乱する中、駅員さんは拡声器を使って何やら叫ぶだけで(という風に感じた)、肝心の詳細が乗客には伝わらず、平日の日中の事、皆さん情報を求めて右往左往。「緊急時に事態を知らせ、乗客を誘導する」のが目的だったはずですが、この後上司から何らかの指導がない限り「自己満足」に終わってしまった機会だったなあ~と、私の反面教師的存在となった彼。伝えるということは「相手が理解できたかどうか」。相手に伝わるように導く姿勢が、熱意や覚悟となって伝わるんですね。心がけたいと思います。どれだけ言葉を尽くしても、熱意を込めても、なかなか開くことの出来ない「心」も時にはあるのですが。。。
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-19 11:42 | その他

携帯電話

今年も花粉は例外なく飛び散っているというのに、なかなか春らしくはなりませんね。明日からの週末は冷たい雨の予報です。くれぐれも身体を冷やさないようにご注意ください。

さて、先週(3/5)の朝日新聞朝刊にJRの携帯電話についての車内アナウンスについて取り上げられていました。乗客のマナー向上によりJR東海(東海道新幹線 東京=大阪間)では、かつての「携帯電話のご使用はデッキでお願いします」から「マナーモードに切り替えるなど、まわりのお客様のご迷惑とならないようにお願いします」へと、「配慮しながらの通話」は差し支えはないとの判断からひっそりと変更。。。とのことでした。携帯電話が爆発的に普及した当初比べ、携帯電話の使用にあたってのマナー向上により、乗客から持ち込まれる迷惑度も低下した現状が背景にあるようです。
同時に掲載されていた、フッションデザイナー【ドン小西氏】の「マナーっていうのは人のことを思いやって自分で考えること。いちいちルールで規制するものじゃない。」には、大きく同意した次第です。これこそ、マナーの原点。「心」「愛」だと感じました。誰かにアドバイスしたりの機会があった時には「ダメよ!」だけではなく「どうしていけないのか」を感じてもらえるように伝えることが大切だなと思います。そうして自ら感じたり、考えたりのできる存在になれたら素晴らしいですよね。

公共の場面での携帯電話のマナー向上は確かに皆さん感じておられることでしょう。ですが、我々の母親世代のおば様方の中には大きな着信音、操作音、大声での通話で周りの空気を一変させている方も見うけます。子育てを終え、いわゆる「躾(しつけ)」をしてきた世代の方々のこの姿にとても違和感がありました。そして、マナー講座でもこの話題が上った時の結論は。。。マナーモードを知らない、携帯電話の操作に慣れていないのでは・・・ということでした。今この方々は二十年ほど前の「爆発的な普及」の状態にあるのかも知れません。着信音が鳴っただけで慌ててパニックになっているのかも。。。もしご自身の身内の方がこのような状態にあるならば、丁寧に教えてあげて欲しいな。。。と思います。携帯電話購入の際には、お店の方にも「ご存じとは思いますが・・・」などのアドバイスがいただけると素敵だなと。便利な道具が、使い方次第でいろんな存在になり得るんですね(^_-)-☆
当たり前の「ダメ!」にならない、思いやりの毎日になりますようにm(__)m
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-16 15:36 | その他

メールの一斉送信で気を付けたいこと(2012/3/12 Mon.)

またまた冬の寒さが戻ってきました(@_@;)昨日は、天気予報の言うことを聞かずに仕事に出かけたら。。。しっかり雨に降られてしまいました(・.・;)そして昨日は あの「東日本大震災」からちょうど一年。たくさんの方々が心からの祈りを捧げられたことでしょう。昨日の午後の雨は鎮魂の涙雨だったのかもしれません。一日でも 一刻でも早く、すべての方々が不安のない毎日を過ごせる日が訪れますように。。。
家族や友人、知人、恋人。。。大切な人たちとの絆を強く感じた一年でもありました。当たり前になったメールでのやり取りにも いわゆるマナーがあるのはご存じのことでしょう。そして、同じ文章をたくさんの方々に送る一斉送信では、知らないことが「個人情報のばらまき」につながってしまう恐れがあることに注目していただきたいと思います。

宛名を入力する場合には、パソコンでは【宛先】【CC】【BCC】、携帯ではサブメニューなどから【To】【Cc】【Bcc】を選択し入力します。そして、一斉送信の際に【宛先】【CC】【To】【Cc】から全ての宛名を入力すると、同じ文章を他のたくさんの人にも送っていることが知られるだけでなく、互いに知らない人達がいた場合にはメールアドレスという個人情報をも、不本意とは言え、ばらまいてしまうことになっているのです。最近ではメールアドレスも個人を特定できるような表現でないものが増えていますが、何らかのトラブルでの変更をされている方もいらっしゃることでしょう。アドレスを知らされているということは、そんな繊細な信頼も任されていることを自覚したいところです。

具体的には、一斉送信に互いに知らない人が含まれている場合、パソコンでは【宛先】携帯では【To】にまず自分自身のアドレスを入力し【BCC】もしくは【Bcc】から複数のアドレスを選択(入力)することをおすすめします。そうすれば、受信者には送信者と受信者の情報しか表示されません。同じメールを複数の人に送っていることを知らせたい場合には「このメールはBCCで送信しています」等の記述を本文冒頭に加えると良いでしょう。

ビジネスシーン、プライベートシーン、いろんな場面で活用されるメールのやり取りが、相手を思い遣った気持ちの良いコミュニケーションの手段となりますように。そして自身への信頼へとつながりますように。。。m(__)m

一週間ほどは寒い日が続くみたいですね。気温差にはくれぐれもご自愛いただいて、春の楽しみへの備えといたしましょう\(^o^)/
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-12 00:08 | その他

基本5原則 ④態度(立居振舞) (2012/3/9 Fri.)

今日は3月9日、サンキュー(thank you!)の日だそうです。感謝の言葉は相手にとっては成果の現われです。感謝の気持ちを素直に表現できると相手との距離が縮まり、それは心を開く鍵となるハズです。そこで!(^_-)-☆
いつも当ブログをご覧いただきましてありがとうございますm(__)mアクセスやコメントが大変励みになります。これからも皆さんの気づきの機会となれますよう情報発信してまいりますので、今後共よろしくお願いいたしますm(__)m

さて今日は、「基本5原則」の態度(立居振舞)についてお話したいと思います。態度は一番最初に目に入るため、第一の第一印象と言われています。言葉以上に目に入る言葉です。以前ご紹介した0.5秒で無意識にはじかれてしまう第一印象の大きな要素かもしれませんね。心あっての態度といわれていますので、しっかりとした「敬意」が伝わるよう、心掛けたいものです。

態度の一つとして「立ち方」「座り方」がありますが、いずれも姿勢を正すことは言うまでもありません。体重を両足に均等にかけない崩れた立ち方では敬意を伝えることは難しいですね。腕を組んだり、脚を組んだりにもTPOを心がたいものです。「物の受け渡し」では、その物がその人自身だと思って扱うことをおすすめします。片手で扱うことはぞんざいで、いい加減、乱暴だなっ(ー_ー)!!と思われる場合も多いのです。両手で優しい視線を添えて、相手が確実に受けることを確認するまでが、相手を尊重した敬意ある態度です。ですがいつでも万全!という訳にもいきませんよね。そんな時には「片手でごめんなさい」等の一言が皆さんの印象を変えてくれることでしょう(^^)この他の事例つきましては、お気軽にご相談いただればと思います。また、このページでも少しずつご紹介していく予定です。ビジネスシーンでは名刺の受け渡しも大切な場面の一つですね。これらのカタチを心得ておくことは 社会人、組織人として落ち着いて相手に敬意を伝えることができる、自身の力となるはずです。詳細は追ってまたご紹介致しますね!(^^)!

普段何気なくやっている立居振舞でも相手にいろんなメッセージを与えていることを意識できると素敵ですよね。相手にとって不快だと感じさせてしまう態度は、良い人間関係を築くためには相応しくないんですね。。。春はもうそこまで!出会いのシーズン到来です!気持ちの良い、素晴らしい新年度の始まりとなりますよう、心よりお祈り申し上げておりますm(__)m
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-09 14:36 | 心のおもてなし(接遇)

じんざいとは? (2012/3/5 Mon.)

久しぶりの本格的な雨ですね。今年の冬は厳しい寒さでしたが、それでも少しずつ春の訪れを感じています。来月には多くの新入社員の方々がフレッシュマンとして街にあふれることでしょう。社会への期待やお仕事への熱意に満ち溢れた彼ら 彼女らが、いずれも貴重な「じんざい」としてこれからの日本社会を支えていって下さることを願ってやみませんm(__)m
マナーのブログを始めてから「人材」という言葉を何度か使ってきましたが、世間では「じんざい」に様々な漢字をあてて、そのニュアンスを表現しているようですのでご紹介させていただきます。

人材 一般的な表記。企業活動上での人的な「材料」としての考えをしめしたもの。

人財 技能等を習得し、長期にわたり企業を支え、利益をもたらしてきた人のこと。(なくてはならない人)

人罪 利益ではなく、企業に損害を与える人のこと。

人在 言われた仕事しかせず、いるだけの人。

いかがでしょうか?確かに、人には色々な個性がありますので、役割はそれぞれかと思われます。ですが、「人罪」にはなりたくないなあ~とは思われませんか?今のような時代ですから、組織は即戦力を求めています。アルバイト経験やインターンシップ、ワークプレースメントが内定の近道と言われている中で、いわゆる「コミュニケーション能力」も大きな基準となるのは必至のことでしょう。お客様、上司、先輩、仲間とのかかわりのなかで、「挨拶はこうしましょうね」や「イキイキとした笑顔が大切ですよ」「身だしなみには気を配りましょうね」「態度は目に見える言葉といわれていますよ」「あらたまった丁寧な言葉遣いをこころがけましょう」等ということを一から身に付けなければならない人は、はじかれてしまう一つの基準となる訳です。入社後にこれらの研修はあるとは思いますが、それでも、いい講師と出会い、そのこと(研修)の重要性を感じ、自身の注意喚起の機会に出来なければ身には付かないでしょうし、実践は遠い先の事のように思います。

人生の、いざ!という時にあわてないためにも、いろんなシーンでのマナー、心遣いを身に付けられていることが大きな武器となるでしょう。社会に出れば、多くの方々との会食のシーンも増えますね。食べられればいい。というのではなく、人を不快にさせない、自らを輝かせるマナーの大切さにぜひとも早く気づいていただければと思います。そして、そんな皆さんのお手伝いが私の役割、使命だと感じています。

ビジネスシーンでのマナーや食事のマナー等、各種講座のご案内も準備中です。しばらくお待ちくださいm(__)mお問い合わせはお気軽に♪
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-05 15:54 | その他

ステージでの立居振舞 (2012/3/2 Fri.)

a0242275_15275220.jpg
雨が降ってます。冬の湿り気は貴重ですね。先日TVで携帯用の加湿器「ちょこっとオアシスプラス」が紹介されていました。約100gで電池も電気も必要ありません。気化式で、オフィスや新幹線、化粧前など、どんな場所でも手軽に潤いを求められそうですね(^^)見つけたら購入しようかしら.。o○持ち運ぶときには「水」は抜かないとこぼれるようです。

さて今日は、演奏家でもある私から皆さんへのステージマナーのアドヴァイス。たくさんの諸先輩方もいらっしゃる中ではありますが、マナー講師からの言葉で何か気付きの機会にしていただければと願っております。
マナーと言うと 縛られた、堅苦しいカタチ、お行儀。。。などと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、要は「その場にいられることへの感謝の気持ち」に尽きると感じています。当日お越しいただいたお客様はもちろん、お世話になった先生、家族、仲間。そして支えていただくスタッフの方々への感謝の気持ちを表現することが音楽に対する敬意、自身の成長へとつながるのではないでしょうか?
ステージの上では、音楽を楽しみにお越しいただいているお客様の気持ちを損ねないような立居振舞が、自身の魅力にもつながるはずです。一歩ステージに踏み出した時から自分の空間として表現できるよう心がけたいものです。歩く姿勢や速さ。一番の感謝・敬意表現のお辞儀。衣装はただの舞台衣装なのではなく「正礼装」でもあるという認識。演奏前、演奏後。音楽とその余韻をお楽しみいただけるよう気を配る心のゆとりが立居振舞につながり、全ての人たちへの感謝の気持ちとなって表現されますように.。o○これらは「印象」という観点からもいろんなメッセージとなり得ます。具体的なご相談がありましたらお気軽にお寄せください。またこのページでもご紹介していけたらな。。。と、思っておりますm(__)m

こどもさんの発表会などでも、カタチだけなく「感謝の心」を伝えてあげて下さいね(^_-)-☆
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-02 16:05 | ステージマナー