年賀状を書く (2013/12/06 Fri.)

a0242275_1114924.png
 ポカポカいい陽気ですね^^季節の風物詩を感じる機会も増えてまいりました。そこで感じる年末年始。。。先月からは喪中により賀状の欠礼を知らせる葉書も届いています。ああ~そうだったんだ…大変だったのね…さぞおつらかったろうな…など送り主の気持ちに想いを寄せる時間.。o○お知らせくださいましてありがとうございます。心からお悔やみ申し上げますm(__)m

 人生半分は生きたかな???^^;これまでのいろんな方とのかかわりを思い起こすと年賀状が繋いでくれたご縁を強く強く感じます。こどもの頃から手紙を書くのが大好きでしたので学校の先生、お稽古事の先生、友人、知人、親戚。。。家族の中で一番少ない年賀状の枚数にしょんぼりした経験もありますが…(^^ゞ

 今回の私のおススメは「年賀状を書き(出し)続ける

貴重な出会いをご縁へと繋いでいける大切な大切な機会だと感じています。書くだけではなく書き続ける。「来なくなったから書かない」という言葉も聞いたりますがそれはモッタイナイ(>_<)相手には書けない理由があるのかも知れません。そこで書かなくなったら。。。普段のコミュニケーションと同じですね♪

子どもさんがお稽古事をされているなら先生に。書く、書き続ける…お稽古事はそんな素敵な習慣を身に付けられる貴重な機会でもあります。

ネット環境の進化で新年の挨拶もいろんな方法が可能です。ですが元日の朝、ポストに届く郵便物を楽しみにしている方も多いのではありませんか?

そろそろ準備を始めなければ。。。^^; 

また会いたい人になりましょう!

過去関連投稿↓↓↓
年賀状①
年賀状②
年賀状②追記
[PR]

by manners-gontarica | 2013-12-06 12:19 | コミュニケーション