不快なあいづちに。。。(2013/05/10 Fri.)

a0242275_16481013.png
 
 少しのご無沙汰で申し訳ありませんm(__)mG.W.はいかがお過ごしでしたか?お天気も良かったですからマサニ!行楽日和でしたね♪リフレッシュを堪能した後には意欲的にお仕事に取り組めそう。。。ダトイイノデスガ…^^;

 さて、【あいづち】について考える機会がありました。あいづちは会話によるコミュニケーションの中では合いの手のようなもので、会話が一方的にならないばかりか相手への共感関心などといった≪また会いたい人になる≫ための要素がたくさんつまっています。

ですがそれが一つの《クセ》のようになってしまって、本来の目的である円滑なコミュニケーションのための相手への共感・関心が示せているか。。。振り返られたことはありますか?

個人的に気になるあいづちとしては

はいはい
なるほどなるほどなど。。。

この他にもありますが言葉を重ねたあいづちにあまりイイ印象はありません。どちらかというと軽くあしらわれた感が強いでしょうか。。。

だからと言って「そのあいづちは不快だ!」と指摘される場面はあまりないかと思います。ですが受け手は敏感です。

自分の話をきいている理解している共感しているか…はたまた、自分に対する敬意が感じられるか。。。

また会いたい人になるために、クセがないか、自分から発せられる言葉に注目してみて下さい。

 表情やイントネーションも印象の要素ではありますが、言葉遣いにはセンスが必要です。独りよがりにならないためにも整えることから始めてみてはいかがでしょうか(^^)

また会いたい人になりましょう!

講座ご案内
話し方~スピーチレッスン
[PR]

by manners-gontarica | 2013-05-10 17:23 | その他