交通ルール・マナーはなぜ必要なのか?(2013/2/15 Fri.)

 昨日はバレンタイン♡男性陣はどんな年代の方でも味わい深い一日を過ごされたようですね(^^)バレンタインってツミですね・・・^^;女性陣はどうでしたか?“想い”が伝えられましたか?個人的には、男性・女性が関係なく想いを伝える日であって欲しいバレンタインですが.。o○いまだそのようなステキな経験はありません。。。^^;

 さて今回は交通ルール・マナーについてのお話です。最近よく聞かれる「交通マナーを守りましょう!」。マナーという言葉であいまいになりがちですが、そこには安全という大きな大きなキーワードが隠れています。

交通ルールは守りましょう!
人は右・車(自転車)は左
横断歩道を渡りましょう!
携帯・スマホを見ながらの歩行や運転はやめましょう!
イヤホンで音楽などを聞きながらの歩行や運転はやめましょう!
etc...

挙げるとキリがありません。社会生活を送る以上、自分以外の人とのかかわりは避けられません。車や自転車、歩行者などあらゆる状態であらゆる年齢の人々が行き交う往来では、それらを意識したルールマナーが存在するのは当たり前のことです。

それはなぜか?もちろんすべてが安全のため。分け隔てることなくすべての人の健康生活を守るためです。

自分の都合だけを優先させる行動は周囲を危険に巻き込みます。

そんなこと言っても、自分が危ないだけじゃない!自業自得だからイイじゃない!

いいえ、それは違います

事故が起これば、巻き込まれる人や交通機関。。。そこには様々な事情が存在します。やりたいことがある人、やらなきゃいけないことがある人。行きたい場所がある人、時間がある人。その人が守りたい家族、その人を大切に思う家族。。。

マナーのポイントは3つです。
安全であること
不快にさせないこと
恥をかかせないこと

交通ルールやマナーはいずれにもあてはまる、大切な大切なカタチの共有なんですね。

小さなお子さんはどんな動きをするか読めません。。。ご年配の方や身体の不自由な方は視力や動きが思うようにならず、常に不安を感じておられます。誰にも子どもの時はあり、誰もが老いていくのです。自分以外の存在に配慮した行動はいつでもどこでも自分が「どんな人」なのかを表します。みんなが安全で安心な毎日を過ごせますように(^人^)

 自転車で左側を走行し、信号に従って左折しようとすると.。o○これまた自転車で右側走行するオ〇チャンと正面衝突しそうになること度々。。。「あ~ビックリした~!」は皆さん共通の反応。いやいや、ビックリしたのはワタシです(=_=)「自転車は左側ですよ~」なんて言ってみたりもしますが皆さん一様に知ら~ン顔。。。イケナイことはわかっていらっしゃるんですよね。。。きっと.。o○

また会いたい人になりましょう!

講座ご案内
[PR]

by manners-gontarica | 2013-02-15 17:46 | 一般マナー