接客応対のトホホ。。。(2013/1/18 Fri.)

a0242275_1493220.png
 いいお天気です。明日からのセンター試験。今年はお天気大丈夫そうですかね。。。しっかり準備された力が存分に発揮されますように(^人^)

 さて先日、化粧水を買いにドラッグストアーへ。そこで遭遇したトホホな『接客応対』。一生懸命な笑顔を微笑ましく感じながらも・・・^^;^^;^^;

そこでしか買えない「化粧水」を求めて入店した私はいつもの場所をめがけてまっしぐら!ですが残念ながらおめあての商品は陳列されていませんでした。そこで在庫がないものかと店員さんに・・・

すみません、この商品は品切れですか?

あ~そうみたいですね~・・・

?で?」←(私の心の声)

また入ってきますか?この商品こちらでしか見かけないのでないと困るんですよね~

あ~そうなんですね~ありがとうございます~。商タグがあるってことはタブンまた入ってくると思いますよ~

ふむふむ…で?」←(私の心の声)

それはいつごろかわかりますか?

あ、そ~ですね~タブン~火曜日か水曜日頃になると思います~。

そうですか、ありがとうございました。また来ます。

は~い、すみませ~ん

ネタ発見(^_-)-☆」(ほくそ笑むイケナイワタシ。。。)

今や接遇・接客応対・サービスマナーなどの言葉があたりまえのように氾濫し、社員教育や研修、セミナーなども数あれど実践となると難しいのかも知れませんね(^^)ですが失礼ながら、このように街にあふれた反面教師的存在に直面した時にこそ、そこに腹を立てることよりも自身を見つめなおす機会にできると素敵オモシロイのかも知れませんよ(^_-)-☆

今回の場合、じゃあどうすればいいの?には。。。まず笑顔での応対はそれ自身が目的ではなく、人として当たり前のおもてなしの心の表れ。最近は笑顔になるための教室などもありますがそこには心が必要です。表面上の笑顔は相手の心の快感には結び付きません。

接客の場合、感謝がベースのその場に相応しい表情で、相手(お客)の気持ちに寄り添った共感や関心を示し、専門家として必要な情報や業務の提供をする。

「いつもありがとうございます。申し訳ございません。ただいま(在庫を)切らしておりますが、遅くとも水曜日までには入荷しておりますので、お手数をおかけしますがそれ以降にお越しいただいてもよろしいでしょうか?」(希望があれば取り置きなどの手続きなどもイイですね。)

などはいかがでしょうか?

従業員としては「あるかないかを答える」だけでは不十分なのはお感じのところでしょう。またお買物に来てもられるように。また来たい店、また会いたい人になれるような心がけが自身の信頼へと結びつく大きな鍵となることでしょうね(^^)

答えは一つではありません。

~また会いたい人になりましょう~

講座ご案内
[PR]

by manners-gontarica | 2013-01-18 15:43 | 心のおもてなし(接遇)