電話応対のふふふ。。。(2013/1/11 Fri.)

a0242275_15415648.png

 新しい年が明けてからいいお天気続きで空気も乾燥しがち。。。風邪やインフルエンザの季節でもありますから皆さんくれぐれもお気を付け下さいね(^^)

 さて今日は電話にまつわるお話です。最近やたらと多い『セールス電話』。商品の売り込みが主ですが かけて来られる方とのやり取りも楽しんでしまっているイケナイワタシ・・・^^;

仕事の電話を待つ身としては常に『笑声』を心がけ また会いたい人になりたいな。。。と思っています(^^)そこへかかってくる『セールスの電話』。

昨日は北海の珍味の売り込みでしたが、同年代(私と^^;)ぐらいの男性。「北海道で〇〇を扱っております◇◇です。今日は△△のご案内でお電話させていただきました!」と、さわやかな声。

仕事の電話ではなかったので内心はガックリ(+_+)。。。ですがとびっきりの『笑声』で「ご丁寧にありがとうございます!申し訳ありません。結構です♫」

普段は不機嫌に断られることも多いのでしょう、その男性は笑いをこらえながら「そうですか、わかりました。またよろしくお願いいたします!」と電話を切られました。何も成立していない電話でのやり取りでしたが、何かが通じた気がして面白かった(^^)機会があれば長くお話ししてみたいな.。o○なんて思った次第です。

方や今日!もちろん笑声で「お待たせいたしましたムラカミです」。に「お忙しいところ申し訳ありません。私、〇〇をあつかっております□□の◇◇と申します。今日は△△のご案内でお電話させていただきましたがムラカミ様のお宅でしょうか?」と丁寧ではあるものの抑揚のない年配の女性の声。前置きが長い上に名前までまた確認する?私の応対は聞いてもらえてなかったのかしら???で、仕事の電話を待っていた私は少~しだけカチン!と来て「先ほどそのように申し上げませんでしたでしょうか?」と言ってしまいました。。。「失礼いたしました」とその女性。その後も、言葉は丁寧なれど、丁寧でしかなく、こちらがお断りするや否や『ガチャン!』。

丁寧な言葉とはかけ離れた振る舞いに唖然。。。

会話はキャッチボール。もちろん電話応対も同じです。マニュアル通りに話すだけでは相手の心の快感には踏み込めません。皆さんもご存知の通り、電話はある意味第一の第一印象だったりもします。相手の顔が見えない分、より相手の感情に配慮した応対が【また会いたい人】になれるポイントと言えるでしょうね。せっかく身に付けたスキルがただのカタチにならないように 気遣いのアンテナや感性の感度が大切ですね。

今の時代 セールスの電話のお仕事でも、なかなか成功率が上がらないのが現状でしょう。そこで断られることに慣れてしまうより、知らない相手とのコミュニケーションを楽しむくらいの余裕が持てるように 相手の気配に耳を澄ましてみてください。

野球のキャッチボールでも練習や工夫なしでは上達しませんものね(^^)

~また会いたい人になりましょう!~

講座ご案内
[PR]

by manners-gontarica | 2013-01-11 16:32 | ビジネスマナー