二礼二拍手一礼 (2013/1/2 Wed.)

 
a0242275_15575423.png

 2013年の二日目も良いお天気でしたね(^^)初詣に行かれた方も多かったのではないでしょうか。私も本日参ってまいりました(^人^)途中、懐かしい顔にも再会することができて元気な様子をとても嬉しく感じましたよ(^_-)-☆これからも元気いっぱいに遊んで大きく成長してくださいね♫

 さて最近はメディアでもパワースポットとして神社仏閣の紹介が盛んになり、その作法も身近なものとなってこられたのではないでしょうか。そこでよく聞く神社での『二礼二拍手一礼』のなぜそうなのか。。。

 二礼・・・礼、つまりお辞儀は本来挨拶です。普段の人同士の挨拶では一度お辞儀をしますが《神様》にたいしてそれ以上の敬意を伝える為に二度『礼』をするわけです。

 二拍手・・・(かしわで)。右手が神、左手が人を現し二度拍手を打つことで神と人とがつながる。や、右手を少しずらすのは右手が体、左手が心を現すため体を一歩下げ神様に対して敬意を示している。。。節と節を合わせると「フシアワセ」になってしまうためずらす。。。などといった意味合いがあるようです。

 一礼・・・自分のお祈りが完了し、神様に対して今日までの生活の感謝と今日からの生活の祈りを込めた結びの挨拶を丁寧に行います。そして神様を送り出すという意味もあるとか。。。

また出雲大社では、拍手が四回だったりと場所によって作法はいろいろあるようです。参拝の前にそんないろいろを調べてみたり、尋ねてみたり。。。相手を知りたいと思うことは敬意を払うことにもつながります。何事ににおいても意味やいわれ、縁起を考えて今よりもより良く、幸せになりたいと願う心の現れなんですね。今年もたくさんの幸せが皆さんのもとにおとずれますように・・・(^人^)

また会いたい人になりましょう!
[PR]

by manners-gontarica | 2013-01-02 16:31 | 冠婚葬祭マナー