自分で決める!(2012/12/10 Mon.)

 昨日は寒い一日でしたね~(>_<)こちらでも朝起きてみると雪が積もっておりました。気を付けて気を付けて防寒を重ねて出かけた朝。駅では中学生が待合室とベンチを占領していました。周囲を感じることが出来る感性が育っているかどうか.。o○外でもいろんなところで観察しています。で、講座のネタにしちゃったりして・・・(^^ゞ

 さて、今回はトイレの中での気遣いの場面。トイレットペーパーを使い切ってしまったら、次の人を思って新しいものを準備しておくとこは実践されている方もいらっしゃることでしょう。

ある有名人の方が、お子さんがそのようにしなかった時には「シバキタオス」とおっしゃっていました。またある方は「私は新しいものは用意しない。」=実際に自分が困ることを体験させて気遣える大人になれるよう導く。これは家庭でのしつけの様々な方法でしょうね。

それぞれに目的は一つ。やはり自分以外の人の存在を意識して気遣える人になって欲しい。それが人間性、社会性。。。すべてにつながるその人の魅力になり得るんですね。

 で、言いたいことは。。。トイレットペーパーもそうですが、ウォシュレットの勢いのレベル。使った後には最低レベルに戻しておくことを心がけてはいかがでしょうか?お〇りの事情は人それぞれ。ウォシュレットの勢いは自分で決めたい!と、勢いで押してしまった自分を後悔する日もある今日この頃でありましたm(__)m

 マナーや心遣いはどうしなきゃいけない、こうしなきゃいけないといった決まったカタチではありません。自分以外の存在を気遣い、自ら感じ、考え、行動できる人でいられることがその人自身の魅力。素敵な愛のカタチなんですね♪


講座案内
[PR]

by manners-gontarica | 2012-12-10 15:07 | その他