電車の中で (2012/11/16 Fri.)

 こんにちは!前回の投稿に引き続き今日もいいお天気です♪まさに小春日和.。o○洗濯機がフル回転です\(◎o◎)/

 季節が進むにつれて着るものの厚みも増して、公共乗り物の中でもかさばるようになってきました。最近よく感じるのは「座席を詰め合わせて座る」という感覚が薄れてきているのかな。。。ということ。

 若者には「知らない人とひっついて座るのは嫌だ!」なり「なんでそんなことしなあかんの?」などいろいろ言い分はあるようです。ですが、ご年配の方にも座席部分に荷物を置いておられる方が多いのも現実。

 公共の空間では自分のことだけに集中するのではなく、周りの状況も感じられる心と感性があるといいですね。

①自分の左右に余裕があるのに何も感じず(ように見える)そのままの状態で座り続ける
②イヤフォンで音楽をききながら大きく腰を前にずらして足を組む
③携帯やスマホをいじるのに必死で車内の混み具合に配慮ができない
④座席に荷物を置いてスペースを占領する。
⑤子どもを膝の上に乗せず、ごそごそ動く足にも注意を払わない

いずれもよく見る光景です。車内に余裕があって、誰もストレスを感じていない状況ならばこれ等もまたそれぞれの車内の過ごし方の一つとも言えるかもしれません。ですが、ひとたび車内の人口密度が上がってお互いに何かしらの我慢が必要な状況になってきたら!

①自分のことしか考えない頭の〇い人に見えます
②車内で音楽を聞く行為そのものが非難されかねません
③携帯やスマホが悪い道具に見えます
④①と同様、自分のことしか考えない勝手な人に見えます
⑤子どもそのものが悪い存在になりかねません

公共の場での周囲に配慮のない振舞はだれのためにもなりません。気遣いや配慮が至らないばかりに、それにまつわるすべてのモノが悪にもなりかねないのです。そして、そうしている自分はどんなに美しく着飾っても、お化粧をしても、おしゃれをしても、魅力的には映りません。

 人間は本来、自分の両手を広げた直径を円とする範囲に「パーソナルスペース」を持っていると言われています。それらが侵される、ストレスを共有しなければならない公共の空間では、お互いに配慮のある振る舞いが自分の為でもあるんですね(^^)

a0242275_11335150.jpg
あらかじめ座席を区切った、こんなシートに出会いました。ここまでしなくちゃいけませんか?これはこれで規格の中に人を閉じ込めるようで不快に感じる人もいるでしょう。日本人には豊かな感性があるはずです。少しの気遣い、気づきで気持ちの良い公共空間になりますようにm(__)m

講座ご案内
[PR]

by manners-gontarica | 2012-11-16 11:42 | 一般マナー