お宅訪問マナー~スリッパ編③~ (2012/8/24 Fri.)

 少しラクになったかと思ったら。。。またまた残暑がぶり返してきました(-"-)仕方ないですね。9月いっぱいは覚悟しなければ!さて、そんな暑い毎日。クールビズと言いながらも出先には相手への敬意と共に上着は欠かせない。。。手に持てばシワになるし、腕が暑いんだよっ!とは共通の感想かと思います。ですが先日、電車内で下の画像の携帯ハンガーをもっているビジネスマンに遭遇!思わず見つめる私。「写真撮らせてください」はサスガに言えず、ネット検索してみると【ポータブルオルクハンガー】というものらしく、便利でクール!「いろんなアイデアがあるんだなぁ~」と、知らなかったのは私だけ?Amazonでも扱ってますよ。って私は回し者ではございません^^;
a0242275_11181784.jpg
 長い前置きでしたが、今日は「お宅訪問マナー スリッパ編最終回」です。スリッパは履くとき、履いてから。。。といろんなシーンがあるかと思いますがこの「脱ぐ時、帰る時」にはそれぞれいろんな気遣い方があるんだなあ~と見ていて感じる毎日です。

玄関で外の方向を向きながら脱ぐ
脱いだスリッパを次の訪問者が履ける方向に手で向け直し
♪スリッパ立てに立てることはせず端に寄せて失礼する

 訪問者が履いたスリッパを、洗うのか、干すのか、そのまましまうのか。。。には、それぞれの考えがありますし、スリッパの裏は汚れているものです。履いたスリッパを自ら重ねてスリッパ立てにしまう行為は避けた方がよいと言えるでしょう。

 「あっ、お気遣いなく。そのまま置いておいてください!」なんて言われたことはありませんか?相手の心理は言葉のままとは限りません。「置いておいて欲しい!」だったのかも知れませんよね(^_-)

 足の裏は思いの外汚れているんだということ。結構汗をかくんだよ。。。ということ。日本独自の「靴を脱ぐ文化」が生んだ気遣いにふれて、訪問のコミュニケーションが有意義な機会となりますように(^^)

講座ご案内
[PR]

by manners-gontarica | 2012-08-24 11:59 | 一般マナー