お稽古事のマナー④ (2012/6/14 Thu.)

 暑い一日でした。当たり前ですが、今年も夏は暑そうですね。。。節電の心がけが功を奏してか、電気代の請求が昨年より少し低かったです。具体的な試みとしては、トイレの便座でしょうか^^;何度も洗えてひっつくやつ・・・我が家では愛用しておりますルm(__)m

 さて、4回目を迎えました「お稽古事のマナー」の今回は「規律」は「時間」についてです。当たり前のことのように思われるかも知れませんが、これがなかなか.。o○ 時間をどのように守るか。。。で、その人の考え方がわかってしまったり。。。(^_-)

 個人宅でのお稽古事では、早く行き過ぎるのも問題です。自分の気持ちに余裕を持つためにも早めのスケジュール管理は大切ですが、早すぎることはご迷惑にもなりかねません。決められた時間にお稽古が始められるよう、逆算して伺うように心がけられると良いですね。
 誰にとっても時間は大切です。先生とのコミュニケーションを通してその場の空気を読む。次の生徒さんの邪魔にならないよう。。。又は、先生のご都合に配慮した引き際など、自分勝手な振る舞いにならない気遣いがコミュニケーションの鍵となります。

 「時間を守る」という社会的な観点が、どのようなことに配慮して守られると良いコミュニケーションにつながるのか。。。自ら考えられる力が相手との信頼関係に大きく影響するんですね(^_-)-☆

 公私ともに約束の時間の守れないことは、相手の時間や気持ちを大切にしていないメッセージです。それが良い結果につながらないことは、皆さんご存知のことでしょう。携帯電話が普及し始めた頃、「携帯で連絡をとれるからと言って時間を守らない奴がいる!携帯はなんてヒドイ道具ナンダ!!!」と、怒っている友人がいました。ですが「それは携帯が悪いのではなくて、それを使う人自身が悪いんじゃないの?」。「・・・・(-"-)」。

 来週は梅雨らしく雨が多くなりそうです。笑顔のコミュニケーションで、ジメジメを吹き飛ばして過ごしましょう\(^o^)/
[PR]

by manners-gontarica | 2012-06-14 20:47 | お稽古事のマナー