心からのお出迎え (2012/5/28 Mon.)

 もうすぐ五月が終わります。歳の数が増すにつれて一年が短く感じるようになる。。。とは、皆さん共通の思いかも知れません。それは、一年は現在の「年齢分の1」だからで、分母が大きくなればなるほど短く感じるのは当たり前である!と、どなたかがTVで力説されていたのを記憶しています。ナルホドナァ~.。o○(^・^)と感心しきりでありました。小学一年生にとっては「7分の1」。古希の方なら「70分の1」。って自分の年齢をすっ飛ばしておりますが。。。(^^ゞ そりゃあ短く感じるよね!ってことで、毎日を笑顔で楽しく過ごしましょう\(^o^)/

 昨日は結婚式のお仕事でした。一昨年の秋にオープンしたこちらの会場は「お客様からの期待を上回るおもてなし」を目標にホスピタリティに取り組んでおられます。こちらの女性スタッフのユニフォーム(制服)がパンツスタイルの時と、スカートの時があるのでお訊ねしてみましたところ。。。「お客様をお迎えするときにはスカートを着用するよう決まっております。」とのことでした。サスガ!ナルホド!女性にとっての正装は「スカート」です。ビジネスシーンでは機能性を重視したパンツスタイルも多く見受けるところですが、お客様にしっかりとした「敬意」をお伝えしたい場面では、やはり 正装を心がけておられるのですね(^_-)-☆
 お仕事のシーンによって、女性らしい柔らかい雰囲気のスカートスーツは、お客様への「敬意」のメッセージとしての役割を果たしてくれているのでしょう。相手との信頼を結ぶ 心からの感謝やお詫びの場面にお役立ていただけましたら幸いです\(^o^)/
[PR]

by manners-gontarica | 2012-05-28 14:51 | 心のおもてなし(接遇)