敬語①~させていただく (2012/4/6 Fri.)

爆弾低気圧や突然の雷雨、暑くなったり寒くなったり。。。と、なかなか気候が安定しませんね。まだまだ冬のコートやセーターが手放せず、愛用のブーツも足元で微笑んでくれています(^^)

さて、いつの頃からか、TVで芸能人の皆さんが「~させていただく」という敬語表現を多用されているのを見受ける機会が増えました。社会人として、ブラウン管(古いですか…^^;)の向こうのたくさんの視聴者を意識し、慮ってのことだと思いますが、先日 TV番組【マツコ&有吉の怒り新党】に「~させていただく」というのは、へりくだってさえいればいいという印象に聞こえて不快だ!と言った相談(マニフェスト採用希望)が寄せられていました。(TVネタが多いですね^^;TV大好きなんですm(__)m)これに対して、マツコさんと有吉さんのご意見は「まあ~いいじゃない。じゃあ~してやる!という表現ならば不快にはならないの?」。。。フムフムごもっとも。ですが確かになんにでも「~させていただく」をつけている印象もなくはないな。というのが私の感想です。これは「~させていただく」の意味と遣い方を理解し、実践できていないからかも知れません。そこで!「~させていただく」の定義を調べてみましたのでご紹介いたします。(←させていただくではなく(^^ゞ)

~させていただく

1.自分のことであること
2.相手の許可を得て行われていること
3.それに対して感謝するという事実や気持ちがあること

いかがでしょうか?幾分、スッキリされたのではないでしょうか?敬語は難しいですね。ですが敬語などの言葉遣いは相手との立場や年齢の違いを埋めて、スムーズなコミュニケーションを図ることのできる素敵な言葉(ツール)ですので、興味を持って実践を続けるといった取り組みが大切です。慣れないことは誰にでも(もちろん私にも)ありますから、失敗を恐れずに!≪失敗は成功の元≫熱意はきっと伝わりますp(^^)q
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-06 16:01 | その他