スーツのボタン (2012/4/2 Mon.)

いよいよ4月です。新しい年度が始まりました(^^)昨日は年に一度のエイプリルフールでしたが、なかなか気の利いた「ネタ」が思い浮かばず。。。心待ちの一日が無情にもあっと言う間に過ぎていってしまいました(-"-)「来年こそは!」と、毎年心に誓う私ですが.。o○一年て早いですね^^;それに最近はエイプリルフール自体が忘れられつつある印象で、寂しい限りでありますル。。。(V)o¥o(V)

さて、新しい年度の始まりには新しい出会いが待っています。新しい組織やグループ、異動などでの環境の変化は皆さん少なからずともあるのではないでしょうか?今までの自分に何か気付きがある方は、今一度自分自身を振り返り、新しい変化の機会へと方向づけてみてはいかがでしょう。人間は人とのかかわりの中でしか生きていけません。ウマくいかないことがあったなら、自分の心の中に何か原因があるのかも知れません。お仕事(ビジネスシーン)においては苦手や相性ではすまされず、社会人としての配慮の欠如にもつながりますので、自分と遠い存在に対してはより気を配ることが、信頼関係の構築につながることでしょう。

そこで今日はビジネスシーンに欠かせない身だしなみは「スーツ」についてのお話です。最近はシングルタイプのものが多く見受けられますが、スーツのボタンへのアプローチを気にされたことはありますか?1つボタン、2つボタン、3つボタン、4つボタンと様々あれど、男性の場合には1つボタン以外はすべて一番下のボタンは留めません(アンボタンマナー)。これはスーツは形が崩れないようにスマートに着こなす必要があるためで、一番下のボタンを留めるとシワがより、窮屈な印象になるからです。よって着席の場合には全て外すのがベスト。TVで見ることができる、世界の要人の会議などでは「座っているときは外す」「立ち上がる時に留める」というシーンを見ることができるはずです。また組織でも、立場が上の方ほど 多くの社会経験からか 相手に対した場面でこのように(自然に)ふるまわれます。コレはボタンを留めることが相手に対する「敬意」を表す行為で、そのことをよくご存じだからです。だらしなく外したままの姿では相手に敬意が伝わらないばかりか、相手を軽く見ているという印象も与えかねませんのでご注意ください。この 外したり留めたりをスムーズに行うためには3つボタンも真ん中だけを留める方がいいかも知れませんね。4つボタンも一番上はご自身のシルエットとよく相談していただければと思います。
ここまでご説明して疑問なのは、では女性のスーツはどうなのか?女性の場合は全てを留めるのがマナーです。女性はネクタイを締めませんから、その代りと思えば納得。。。かな?窮屈で相手に不快な印象を与えるならば、一番下は着席時に外しても構わない気もしますが、その動作は美しくは映らないでしょうし、ビジネスシーンでも女性らしさは大切にしたいものですね。

就活中の皆さんへ
いよいよ面接などが始まっている頃かと思います。スーツのボタンを留めることは、相手への敬意を表す意味があり、ビジネスシーンにおいても欠かせない大切な身だしなみですが、相手が知らなければ「着席時に外す」ことは、横柄で、無礼でetc...etc...という印象にもつながりかねません。面接官が着席時にも留めている場合にはご自分も留めた方が良いでしょうし、そうでない場合にもフレッシュな印象としては、留めた方が無難かもしれませんね。加えて、ネクタイの下に隠れている(ように思われる)ワイシャツの一番上のボタンも留めておくことをおすすめします。スーツの評価は減点法ですから、ご注意を!
[PR]

by manners-gontarica | 2012-04-02 16:26 | ビジネスマナー