じんざいとは? (2012/3/5 Mon.)

久しぶりの本格的な雨ですね。今年の冬は厳しい寒さでしたが、それでも少しずつ春の訪れを感じています。来月には多くの新入社員の方々がフレッシュマンとして街にあふれることでしょう。社会への期待やお仕事への熱意に満ち溢れた彼ら 彼女らが、いずれも貴重な「じんざい」としてこれからの日本社会を支えていって下さることを願ってやみませんm(__)m
マナーのブログを始めてから「人材」という言葉を何度か使ってきましたが、世間では「じんざい」に様々な漢字をあてて、そのニュアンスを表現しているようですのでご紹介させていただきます。

人材 一般的な表記。企業活動上での人的な「材料」としての考えをしめしたもの。

人財 技能等を習得し、長期にわたり企業を支え、利益をもたらしてきた人のこと。(なくてはならない人)

人罪 利益ではなく、企業に損害を与える人のこと。

人在 言われた仕事しかせず、いるだけの人。

いかがでしょうか?確かに、人には色々な個性がありますので、役割はそれぞれかと思われます。ですが、「人罪」にはなりたくないなあ~とは思われませんか?今のような時代ですから、組織は即戦力を求めています。アルバイト経験やインターンシップ、ワークプレースメントが内定の近道と言われている中で、いわゆる「コミュニケーション能力」も大きな基準となるのは必至のことでしょう。お客様、上司、先輩、仲間とのかかわりのなかで、「挨拶はこうしましょうね」や「イキイキとした笑顔が大切ですよ」「身だしなみには気を配りましょうね」「態度は目に見える言葉といわれていますよ」「あらたまった丁寧な言葉遣いをこころがけましょう」等ということを一から身に付けなければならない人は、はじかれてしまう一つの基準となる訳です。入社後にこれらの研修はあるとは思いますが、それでも、いい講師と出会い、そのこと(研修)の重要性を感じ、自身の注意喚起の機会に出来なければ身には付かないでしょうし、実践は遠い先の事のように思います。

人生の、いざ!という時にあわてないためにも、いろんなシーンでのマナー、心遣いを身に付けられていることが大きな武器となるでしょう。社会に出れば、多くの方々との会食のシーンも増えますね。食べられればいい。というのではなく、人を不快にさせない、自らを輝かせるマナーの大切さにぜひとも早く気づいていただければと思います。そして、そんな皆さんのお手伝いが私の役割、使命だと感じています。

ビジネスシーンでのマナーや食事のマナー等、各種講座のご案内も準備中です。しばらくお待ちくださいm(__)mお問い合わせはお気軽に♪
[PR]

by manners-gontarica | 2012-03-05 15:54 | その他