平服とは? (2012/1/20 Fri.)

いいお天気で乾燥続きだった年末年始でしたが、ようやくの恵みの雨でした。冬の雨は冷たいですが 潤いは大切ですよね(^^)

今日は、最近よく尋ねられる「平服」についてお話したいと思います。これから春に向けて、結婚式やパーティーなどの嬉しい集まり事が増えてきますよね。形式にこだわらない結婚式や披露宴、パーティーでは案内状に「平服でお越しください」と書いてあることがあります。でも、平服って???どんな服???と それが悩みの種になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?その場合「平服って普段着だよね~じゃあ~気軽にジーパン、Tシャツで!」は、ちょっと違います。これは「正礼装や準礼装でなくていいですよ、略礼装でお越しくださいね」と言う内容ですので、具体的には 男性なら「ダークスーツ」・「ブレザー&スラックス」、女性なら「インフォーマルドレス」。インフォーマルドレスとは、普段着的ではない エレガントなワンピースやスーツ、ブラウスやスカート…もちろん、パンツスタイルでもOKですが、カジュアルなシルエットにならないように気を付けましょう。そして、お祝いの気持ち、おめでとうや感謝の気持ちを表現するためにも 男性はネクタイとシルクベスト、ポケットチーフとタイ等のコーディネートにも気を配る事をおすすめします。女性はなるべく大きなカバンの持ち物は避け、素材やデザイン、アクセサリーでお祝いの気持ちの表現を心掛けましょう。結婚式やパーティは主催者御本人達だけではなく、ご両親はじめご親族もお揃いの大切な場面です。華やかな装いで心からのお祝いの気持ちを表現すること、マナーはそれ自身が目的なのではなく、相手への気持ちを伝える素敵な手段なんですね。そしてお金のかからない一番高価なおしゃれ、心からの「笑顔」が 皆さんをより一層輝かせてくれることでしょう\(^o^)/
[PR]

by manners-gontarica | 2012-01-20 13:10 | 冠婚葬祭マナー